女性が性感染症になったら、どんな表現がありますか?

性感染症とは
性感染症とは、セックスなど性行為を主な感染経路として感染する病気のことです。昔は性病と呼ばれていることが多かったです。性病という言葉を聞くと、性行為などによって感染される病気というイメージが強いと認められています。近年以来、性病の種類や、感染経路がいろいろあるようになりますから、性病を性感染症に訂正しています。代表的な性感染症は梅毒、エイズ、淋菌感染症(淋病)、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、ケジラミ症などがあります。

性感染症の一般的な症状
性感染症の種類はさまざまですが、自覚症状がある性感染症もあれば、自覚症状があまりない性感染症もあります。通常、感染の症状を気づいたときには、症状が進んでしまうことになるリスクが高いと言われています。性感染症の一般的な症状として、性器異常、下痢、食欲不振、全身の倦怠感などの表現があります。具体的に言えば、性感染症の種類、性別によって症状も異なっています。

女性性感染症の症状
女性が性感染症になる場合、自覚症状が目立たないことがよくあります。一般的に女性が発熱、喉が腫れや痛み、下痢、食欲不振、全身の倦怠感という症状があります。また、おりものの量が多くなり、泡状のもの、不規則な出血、おりものは黄色や緑色という変な色が出てくる場合、性感染症になってしまう可能性がありますから、注意してください。