男性は以下の症状が現れてくる場合、性感染症にかかる恐れがある!

性感染症とは
性感染症とは、性的接触によって感染する様々な病気を指します。昔は性病といいますが、厳しく言えば、性行為の他には、垂直感染や輸血などによって感染することもあリますから、現在は法改正により、性感染症、またSTDやSTIとも呼ばれています。近年以来、性感染症になってしまう人数が増えていますが、更にエイズの予防と治療は全世界で注目されています。

性感染症の種類
性感染症の種類というと、今よく見られている性感染症は梅毒、淋菌感染症、軟性下疳、そけいリンパ肉芽腫、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、性器カンジダ症、腟トリコモナス症などほか、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症などがあります。

男性性感染症の症状
男性は性感染症になってしまう場合、性器のかゆみと痛み、また排尿痛という症状があります。具体的に言えば、軽く排尿する時の痛みや尿道からの分泌液があるとき、淋病になる可能性があります。また、重く排尿する時の痛みや尿道からの分泌液、また尿道のかゆみと不快感の場合、性器クラミジアや尿道炎になるかもしれません。淋菌感染症の場合、睾丸部分の腫れと痛みという症状があります。発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛という症状が出てくるとき、特に1ヵ月以上続く発熱、しつこい下痢や寝汗、リンパ節の腫れ、体重減少の状況があったら、HIVになる恐れがありますから、注意してください。